スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くろがね線をモデる! 8

ラジエーターの工作3d704_n_convert_20110616224822.jpg
前回は、ラジエーターの縁どりに当たる部分の工作でしたが、今日は、そこに植わっているボルトの表現です。
で、使うドリルは下の写真のような「ルーマ型ドリル」で、軸がΦ1.0、先だけに刃が付いている小径ドリルです。Φ0.05から製品がありますが、今回はΦ0.25を使います。

IMG_2801_convert_20110622214910.jpg
ピンバイス(一番細くて軽いもの)に取り付けて罫書いた所定位置に穴を開けます。
IMG_2811_convert_20110622221511.jpg
IMG_2810_convert_20110622215128.jpg
IMG_2813_convert_20110622221635.jpg
この後この穴にΦ0.25の線を植え込んでボルトの頭になります。IMG_2814_convert_20110622221712.jpg

一通り開け終わった車体。幸いドリルを一本も折らずに済みました(~__~)!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

高崎二区さま
刃の径が細くても、刃長が短いのでしならないので、ピンバイスでも折れにくい感じです。
刃長は2mmですので、工作には充分です。
刃長が5mmのロングドリルバージョンもありますが、手持ちでは穴を開ける前に折っておしまいでしょうね(笑)

No title

こんばんは。
これがかの「ルーマ型ドリル」ですか。。。
思っていたより刃先は短いですね。

ワタシは1本も折らなかった時は「ハア~」って感じです。
抜け際が非常に緊張します。
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。