スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くろがね線をモデる! 3

お面の工作

D705_convert_20110613225509.jpg
<画像:S氏提供>
この機関車を正面がちに見ると、結構男前な顔立ちをしています。

で、お面ですが、貫通扉が結構浅く嵌っていますので、扉自身はt0.2で作り、t0.4の妻板に嵌め込むことにしました。
IMG_2762_convert_20110613225023.jpg
縦長の帯が、貫通扉になるt0.2の真鍮板、小さいのは扉のHゴムになります。

IMG_2766_convert_20110613225053.jpg
台座となる板と扉、そしてHゴムになる板を重ねてハンダ付けします。

IMG_2767_convert_20110613225125.jpg
糸鋸で抜いて、ヤスリで仕上げます。

IMG_2768_convert_20110613225159.jpg
仕上がった扉を妻板の貫通扉の開口部にはめ込んでハンダ付けします。

IMG_2771_convert_20110613225240.jpg
車体に妻板をハンダ付けしました!車体の全容を垣間見た瞬間です。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おありがとうございます!

まろねふさま
大変頂いた画像が役立っています。
屋根以外は案外さっぱりしているんで、スムーズに出来る(怖)かも・・・・。
応援よろしくです。

おおおっ!

いい印象で出来てますね! これだけで完成した姿を見ている気分になります(笑)

目を閉じると、ELとこのDLが数両の貨車を挟んでレイアウトを周回する姿が… 一体、一周するのに何分掛かるだろう(爆)
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。