スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くろがね線をモデる! 2

D700-3_convert_20110612220322.jpg
<画像:まろねふ様提供>

昨日に続き、D704〜5の工作です。

昨日曲げた車体の断面です。屋根の折り目もきっちりです。独特の断面です。
庇部分は、ヤスリで裏を薄くヤスって、板厚が目立たないようにしています。
IMG_2747_convert_20110612220645.jpg

折妻なので、車体幅より広く寸法取りした真鍮板に妻板の窓、貫通扉を罫書き、抜く前に先の車体同様に裏からPカッターで折り目に筋を入れ(板厚の2/3以上溝を掘るのが肝心)折ります。その後貫通扉を抜きます。
折り曲げ後に貫通扉を抜くのは、全面窓と貫通扉のピラーが細く、折り目をきちっと付けるのが難しいので、窓を抜く前に曲げます。
IMG_2748_convert_20110612220926.jpg

折り曲げ、貫通扉が抜けたら車体断面の形にに切り取ります。IMG_2749_convert_20110612221018.jpg

Hゴムの外寸に切って、角のアール、断面のアールを整形したt0.2板をハンダ付します。穴は、糸鋸の歯を通すために開けてあります。IMG_2753_convert_20110612221119.jpg

糸鋸で、大まかに抜きます。IMG_2752_convert_20110612221218.jpg

ヤスリで整形してHゴムの形を整えます。IMG_2751_convert_20110612221300.jpg

妻板が出来上がりました。この後貫通扉を作り、車体にハンダ付すれば、箱になります。IMG_2758_convert_20110612221355.jpg

ここまでは何とか順調です!

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。