スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くろがね線をモデる! 1

ブログ再開 ご無沙汰です!
nyt_e8502_d705_09spr_2_convert_20110612002820.jpg
<画像:S氏提供>

以前広島の「まろねふ」さまのブログに新日鉄「くろがね線」のレポートがありまして、すごーく気になっておりました。で、思い立ったように「画像頂戴!」メールを送ったところ、快く了解をいただきました。
で、今回は、この「まろねふ」さまから頂いた画像と、友人S氏から頂いた画像及び様々な図面を駆使して、くろがね線の車両たちを「モデる」ことにしました。
くろがね線の解説は他の方の記事に譲るとして、こちらでは模型とそれに関連した実物の解説をメインに行こうとおもいます。

こてはじめに「D704」から・・・
くろがね線の機関車は、本務機である昭和51年三菱電機製のD型85t電気機関車「E8501」「E8502」(E8503、E8504は廃車)と、編成のお尻にぶる下がって無線操作のブレーキ車として働く昭和49年日本車両製のD型70t箱型ディーゼル機関車「D704」「D705」の計4両が主に活躍しています。
今回は、窓の少ないディーゼル機関車から工作開始です。
D700-2_convert_20110612004813.jpg
<画像:まろねふ様提供>
日本型というより、アジア諸国への輸出型の雰囲気が漂います。屋根まで客を乗せたボロボロの客車を、軒をかすめてバラック街の中をノロノロ走る雰囲気も・・・・。
防音構造のスカートが重厚感を増します。

D700-1_convert_20110612011115.jpg
<画像:まろねふ様提供>
屋上のモニターやメッシュもモデラー心をくすぐります。防音構造ゆえ、DE11 2000に通じるところもあります。無線アンテナがやたらと多く、回転灯が付くなど、製鉄所の機関車らしい装備が目立ちます。
「工作開始」

D704図面_convert_20110612085159
D704〜5形式図(日車の車輌史より抜粋)

t0.4の真鍮板に罫書いた後、屋根の「折り目」をきちんと出すために、Pカッター(プラ板用カッター)で溝を入れて軽く曲げます。IMG_2740_convert_20110612005824.jpg

運転室側窓、エンジンルーム扉上辺は、屋根折り曲げ線に近いため、窓を全部抜いた後曲げると上辺が反り返ってしまうため、切らずに残します。IMG_2739_convert_20110612005709.jpg

折り曲げます。実物が17m近くあるので、車体がやたら長く見えます!IMG_2741_convert_20110612005924.jpg

曲げが終わって窓を抜き終わった車体。
このあと妻板や、各種ルーバー、点検口の工作に移ります。
IMG_2745_convert_20110612010033.jpg

久々のスクラッチ開始ですが、先は長いです。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

有難うございます(#^.^#)

まろねふ さま
今回のブログ復帰は、まろねふ 様の影響大ですよ(笑)
大物の割には気軽に工作してますので、自分でも完成が楽しみです。多分模型化は他には無いかも(どうかしら)知れませんね。

どういたしまして!

高崎二区 さま

今後も宜しくお願い致します。

有難うございます。

VOLVOさま

機械、道具・・・。それなりには揃えていますが、この程度の工作なら、糸鋸、ヤスリ、ハンダ鏝の三種の神器で作れますよ。
一番肝心なのは、恐れず、失敗しても真鍮板¥800だけだとタカをくくることです。(笑)

おかえりなさいませ!

ブログ再開、おめでとうございます!
で、いきなりの大ネタに驚いております。完成が楽しみですね。
ウチは子守が大変で、工作の方もさっぱりです。一体いつになると本格敵に再開出来ることやら…

待ってました!

こんばんは。
高崎二区でございます。
リンク貼っていただきありがとうございます。

製鉄所内の車輌って魅力あるものが多いですよね。

完成を楽しみに待っています。

祝!!ブログ再開!

こんばんは。
首を長ーくして再開されるのをお待ちしておりました。

真鍮スクラッチって器具とか機械とか使われるのでしょうか?
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。