スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニ37丸屋根の工作 20

間違い発見!!

家に帰って、床下ディテールの再確認と言うことで、頂いた資料や、本の画像を確認しておりましたら・・・おゃ?・・・電暖トランスが良く見える画像が!・・・お世話になっている「急行越前」さまから直メール添付で頂いた姫路での画像・・・ありゃ!電暖トランスは中梁にぶら下がっているんじゃなかったのね(泣)

と言うことで、早速既設のバーツをむしりとりました!!
今回は、吊り下げる様に取り付けないと、空気配管にぶつかるので、実物同様に釣り金具を0.6×0.3の帯金で作り、中梁と側梁に渡して取り付け枠も作ってぶら下げました。

変更前
IMG_2502.jpg
変更後
電暖トランス1
この変更に伴い、水揚弁装置箱に入る蒸気管の入り方も変更しました。
変更前
IMG_2526.jpg
変更後(蒸気管の入る方向が逆になってます)IMG_2561.jpg
何とか週末の塗装に間に合うでしょうか

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お世話になります!

急行越前さま
丁度、電暖側の画像を送って頂いて、有り難かったですよ。
不思議と2155番のこちら側の画像が無かったものですから、半ば想像で作ってました。
これで、エビデンスに則したディテールになりましたm(_ _)m
結構目立ますからね!

せっかく作るんですから(笑)

平機関区さま
根が貧乏性なもので、とことん楽しまないとね!
と言うか、車輌史編さん会のスハ32系の一族に、詳細な図面があるので、丁度トライしたかったんですね。
結構面白いです。

あらまぁ!

クモハ32000さま

こちらこそいつもお世話さまです!

余計な写真を送ってしまいましたか?すみません。
確かに目立つところについていますね!

なるほど

電暖トランスの取り付けは、このようになっているのですね。
クモハ32000さまのこだわりには脱帽です。(^^

週末には塗装ですか、早いですね~!
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。