スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニ37 丸屋根の工作 15

エアータンクその他の工作

床下機器の工作も終盤に向かって来ました!

補助空気ダメ、附加空気ダメ、水揚空気ダメを取り付けました。
ホワイトメタルのタンクを付けるのも芸が無いので、丸棒から挽き出して、φ0.3の線で実物の様に止めました。
IMG_2511.jpgIMG_2514.jpg
給水検水コックを取り付け、その作用ロッドをφ0.2で水タンクに繋げました。給水検水コックは工房ひろさんのNo,0557給水検水コックBで、先の溢れ管のコックも付いているタイプです。ベリリウム銅のロストワックスで、コックハンドルも硬く、強度があり、曲がりません!
IMG_2513.jpg
配管はタンクと空気主管、ブレーキシリンダー回りで行いました。
IMG_2517.jpgIMG_2518.jpg
見せ場です(笑)IMG_2510.jpg
昨日に続いて左右のシルエットを撮りました!IMG_2515.jpgIMG_2516.jpg


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は!

bnz34さま
削り出すって、旋盤で挽くんですよ(笑)
くれぐれもヤスリでしこしこ削らないでね!
スポックだったら、眉間に指二本あてて考えれば仕上がってしまうでしょうけれど(^_^)

No title

タンクを丸棒から削り出す?
ふむうーーなるほどねー、考えてもみなかったです。
面白そうですねー。

手順は臨機応変です(*^^*)

genta-nozzさま
架台のタンクに接する所がタンクに沿って凹ませてあるので、先に合わせて組まないと形にならないんです(泣)
丁度ブレーキ管と電暖の引き通し管、それとハンドブレーキのロッドも架台の下を通るので、架台を作るのは宿命だったんですよ(笑)

なるほどです!

先に架台を付けるのではなく、エアータンクと組んでおくんですね。

そのような工作手順を考えるのも大切ですね。

毎度です(*^^*)

ととさま
ある人からすると「危」の境地に填まっている様に見えるらしいですよ(*^^*)

こんちは(*^^*)

genta-nozzさま
毎度ですm(__)m
エアータンクは先に架台を作って、二本纏めてから、床に取り付けています。架台は帯材ですから、ホワイトメタルが溶ける前にサッと半田が流れますから大丈夫です(^-^)v時間差攻撃?ですね!

むぅ~

物凄く熱を喰うムク材をどうやって付けているのか…。
素人考えでは電暖トランスが邪魔で付けられない気がします。
画像を見る限りではハンダで付けているみたいだし
先に付けたホワイトメタルパーツが溶けていないし
不思議でふ。

同感・・・

おはようございます。
このシルエットを見ると独りニヤつく気持ちが痛いほど解りますね・・・・・・・

いや、凄い!
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。