スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニ37 丸屋根の工作 13

床下機器の工作が少しずつ進んでいます。

端梁の工作
端梁をt0.4から新製し、エアーホース、暖房ホース、胴受を取り付けました。

IMG_2487.jpg
水タンクの受を作り、水タンクの取り付けに備えました。元々は床に直に足を差込んで取り付けるのですが、ブレーキロッドを表現したので、実物様に取り付ける必要が出てきました。IMG_2484.jpg
取り付けた様子
IMG_2489.jpg
ブレーキシリンダーが付きました。これから車掌室へのハンドブレーキのロッド、空気管の配管が待っています。
IMG_2483.jpg
斜め前方からの眺め。段々と実物らしくごちゃごちゃしてきました(笑)
IMG_2490.jpg

毎日続けても、思ったほど進みません(泣)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね

福11さま
13mmなら、台車回りの寸法はまさに、図面通りで済みますね。
幸い、今のところ、台車に干渉して困った経験が無いので運が良いです。
13mmの誘惑もあるのですが、クラブの運転会に持ってゆけないことが、踏ん切りのつかない理由です。
台車を履き替えれば済むことですが・・・・。

了解しました

こんばんは。

以外と中心寄りに吊り下げられているんですね>車軸発電機
確かに今よりも側梁寄りだと13mm化したときにベルトが車輪と干渉しそうですね。
以前スユニ50を組んだときに車軸発電機が外寄りなので13mmに改軌したときにベルトを切り詰めたのを思い出しました。

・・・計画中の1/80・マイロネフ38・冷房装置つきは化粧室の流し管の兼ね合いでいやでも13mmで組まないといけないのですが、2組ある車軸発電機の取り付けに注意しないといけませんね。

幸い合ってました(*^^*)

福11さま
UF38の発電機取り付け座の位置寸法を当たってみましたが、模型化寸法で床中心から取り付け座中心まで6.6mmで合ってました。
16番のがに股なので、相対的に中心に寄って見えるかもです。
発電機のベルトは丁度中梁の真上なのでそれも合ってました(*^^*)

もう少し外側ですかね?

福11さま
横から見て、何か発電機の頭が見えにくいなぁ?って思ってましたが、内側過ぎましたかね(笑)
改めて台枠の図面見ないと(笑)
電暖のトランスも、今日反対側に付いているのを発見して、移設しました(笑)
実物写真が丁度陰になっていて、多分、ここだろうと取り付けて、ニヤニヤしていたら、何か写真とシルエットがちがうのに気付いて、ひっぺがした後、反対の台車前に移動しました。
移動前の位置にある車も有るのですが、マニ37では確認していません。
理屈で考えると水タンク寄りに荷重が掛かりすぎますもんね(笑)

床下は・・・

こんばんは。

床下は小物が多いので進み具合が見えづらいですよね。
ブレーキまわりや配管類は特に・・・

見ていて気づいたんですが、車軸発電機が中梁側に移設されていますがこれはマニ化改造時に同時施工されたんでしょうか?
てっきりスハ32時代のままだと思っていたんですが・・・
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。