スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニ37丸屋根の工作 10

台枠の工作開始!

私の大好きな台枠の工作が始まりました(笑)

この昭和13年製のスハ32を種車とたマニ37 2155番は、UF38と言うその後のオハ35と共通の台枠を使っています。
先に記しましたように、旧ニワ模型のスハ32用の床板とモデルワムの床下梁セットを組み合わせて工作しました。


小横梁の取り付け
大横梁を取り付ける前に、小横梁を取り付けます。蒸気主管、空気主管の取り付け加工や位置合わせのためです。
IMG_2461.jpg
蒸気主管の位置合わせ
蒸気主管は主台枠を貫通して反対側に出ているので、穴を開け、布巻管の位置を出します。
その後、布巻管を取り付けます。これが、蒸気主管です。

IMG_2463.jpg
IMG_2465.jpg
蒸気主管の取り付けが終わってから、大横梁を取り付けます。図面と照合中!
IMG_2469.jpg
折り曲げの済んだ、空気主管との当たりを検討。
割りピンで、最後に所定位置に吊るします。

IMG_2467.jpg
仮に床下機器を置いて見ました。
IMG_2466.jpgIMG_2468.jpg
車体に床板を嵌めてみて、図面とのツーショット!
IMG_2470.jpg

この先、図面に書かれている機器がほぼ全て付きますので、かなり派手?な床下になるでしょう!

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は!

ととさま
エロコメ撃退しました(笑)
拘り・・・。
図面見て、実物通り作っちゃう楽しみ?っていうんですか、出来上がってから、シルエットを見て、ニコニコするのも、良いものですよ(^ _ ^)
嫁曰く「キモイ」って言いますけれど(笑)

拘り

こんばんは。
こだわりますねぇ!そこが楽しいのも解りますが・・・・・
それにしても凄い・・・


↑それにしても何でこういうエロコメが入力出来ちゃうのでしょう??
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。