スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物列車で遊ぶ(床下機器編Ⅳ)

蓄電池箱の工作最終編です!IMG_2301_convert_20090304133650.jpg
左横に付く、繋ぎ箱を快削材よりフライス加工で削り出します。実物は大型ナイフスイッチが入っています。
IMG_2302_convert_20090304134258.jpg
繋ぎ箱です(ピントが甘くてすみません)箱の下にケーブルの差込口があります。φ0.6、内径φ0.4のパイプを切って差し込みました。ヒンジとハンドルはφ0.3です。
IMG_2307_convert_20090304133820.jpgIMG_2304_convert_20090304133755.jpg
取り付けた様子。蓄電池箱本体にはφ0.6で取り付け足を付けました。
IMG_2308_convert_20090304133842.jpg
湯口を付けます、旋盤でφ3.0の丸棒を挽いてハンダ付けしました。
出来たぁ!!
次は水揚弁装置箱、ブレーキ制御装置です。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。