スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物列車で遊ぶ(床下機器編Ⅱ)

蓄電池箱製作の続き
今日は、何かと家の手伝いが忙しく、ちょっとしか工作出来ませんでした(泣)
開閉ハンドルの製作
IMG_2274_convert_20090302230617.jpg
フライスにて開閉ハンドルになる「十文字」の材料を切削します。
IMG_2277_convert_20090302230648.jpg
切削加工を終わった開閉ハンドルの材料
IMG_2278_convert_20090302230719.jpg
ピンバイスに咥え直して、センターにφ0.4の穴を開けます。
IMG_2279_convert_20090302230747.jpg
約0.5mm厚に切断後、φ0.4の真鍮線を穴に差し込みます。
IMG_2281_convert_20090302230821.jpg
蓄電池箱の所定の場所にφ0.4の穴を開けて、差し込んでハンダ付けします。
IMG_2292_convert_20090302232120.jpg
出来上がり!
後、2ヶ所同様な加工をして、明日からはヒンジの加工に入ります。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

それでは

bnz34 さま
コメント有難うございます!
次の回で、実寸比較の画像を出しますね(^ _ ^)!

No title

あのおーー、もしもし?
実物大の画像にして下さいな?
この大きさの画像ですと、私にも出来そうな気がしちゃいますよん。
・・・て、無理な話でした・・・

さて、冗談はおいとくとして、私の「目」は肥えますね。
よーく見ておきます。

毎度です!

安芸もみじさま
実は、細かい機械加工は、おっかなびっくりの試行錯誤なんですよ(笑)
今回も、たまたま出来ちゃったって感じですm(__)m

今晩は!

クモハ32000さま
またまた、凄い工作をされてますね!
ハンドルの長径は1ミリ無いですよね?あんな細い材料を太い角材からフライス加工出来ちゃう事に驚きました。
あと、ハンドルのセンターにビシッと0.4ミリの穴を開けるテクニック?勘?も凄いです!
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。