スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物列車で遊ぶ(番外編)

製作資料の巻

模型製作に使う資料は、写真、図面など色々ありますが、最近特にこだわる作品に欠かせないのがこれ↓ 実物の説明書なんです!

検修や工場で実物の整備に関わった方々の教科書?なんですが、各パーツの詳細図面が綴じられていて、まさに「バイブル」です。

各形式毎に全てあるのですが、古書専門店で見つけても、蒸機のキットが買えるくらいの値段が付いている事があり、泣く泣く我慢することも。

装丁が痛んでいたり、試験勉強?の為に、赤線が引いてあったりすると、格段にお安く入手できます。

IMG_2256_convert_20090219115849.jpg

今回お見せするのは「マニ50」の2101~を中心にそれまでの変更点を纏めた説明書ですが、新型客車および50系客車や、スユ15 2019~にも使えるパーツの図面が豊富に収載されていました。

中身の一部をご紹介します。

IMG_2257_convert_20090219115916.jpg 

床下機器配置と台枠の図面です。

IMG_2258_convert_20090219120012.jpg 

台車(TR230C)の図面です。

先のスユ16含め、かなり充実した資料に恵まれてはいますが、工作に気力と体力が伴わないのが辛いです(泣)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

平機関区さま

415系の説明書は小倉工場で昔、見せてもらっただけで複写も実物も持ち合わせて無いんです(泣)
今買えば8万~9万位の値段が付いているでしょうね。本来なら、全形式欲しいです(+_+)

415系の説明書

拝見したいですが・・・、
泥沼にはまってしまいそうですので、自粛しておきます。(^^;;

平機関区さま

コメント有り難うございますm(__)m
やっぱ、何と言っても図面ですね!
造り込む造り込まないは別として、構造や本当の形を知りながら省略して行くのも一つの方法でしょうね。客車の面白さは、余り省みられないディテールですが、蒸気配管に有ります!
電車や気動車には無い、独特のものです。解らなかったディテールが解明すると本当にワクワクしますよね。ちなみに、お好きな415系の説明書は電話帳位の厚みで、分冊になっていますよ(^o^)v

これは良い資料ですね

床下機器の配置やフレームの構造など、普段良く見えない部分が良く判りますね。

でも、これだけ詳しい資料ですと、市販パーツの寸法ミスもさることながら、どのレベルまで作り込むか、悩んでしまうかも知れませんね。(^^;

コメント有り難うございますm(__)m

急行越前さま
早速コメント頂き、有り難うございますm(__)m
ここまで凝るともはや「病気」ですが、郵便・荷物車ならではの拘りもまた、趣味の醍醐味かなぁ?と思います(^o^)v
いつも資料提供頂き有りがたく思いますm(__)m
また、お立ち寄り下さいませ(*^^*)

お邪魔します

ノーブルジョーカーさんの掲示板からきました、急行越前です。

末期の荷物列車もいいですね。
ゴハチ、ゴハチといいますが、ごくごく短期間新型荷物車郵便車だけを牽いて最後の活躍をしたEF62やEF641000もなかなか良かったです。
いやぁ!私には敷居が高いです!!
床下の表現は出色ですね!
チャンネル材につけたディーゼル発電機の生き生きと見えること!

どうもです!

genta-nozz さま
私クラスのモデラー?かどうかわかりませんが、メーカーさんは旧国鉄職員の方か、それなりの伝で入手されていると思いますよ。
本当は、目ぼしい車の全ての説明書が欲しいのですが、値段的に破産してしまいますね(涙)
基本形式だけでもあると、模型工作には又と無い資料になりますね!
逆に、いい加減なパーツのミスが判ってしまいますよ。
結構写真での見た目で寸法割り出しをしているメーカーさんもありますから・・・・・(泣)

凄い本ですね。

こんな本が世の中に存在しているとは…初めて知りました。

お宝資料もそれを使いこなせる腕がないと猫に小判ですね。
クモハさんクラスのモデラーが所有する本だと思いました。
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。