スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

 2009    謹賀新年   平成21年      

     本年もよろしくお願い申し上げます。

             クモハ32000  
IMG_2196_convert_20081231094952.jpg

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

今年も宜しくですm(__)m

セノハチさま
こちらこそ、ツンツンと刺激を頂きまして有り難うございます!
以前教わった寸法で67のテールや緩衝器作らないといけませんねぇ(^o^)v
今年アップしたいですね!また、ご叱咤くださいませm(__)m

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

色々と技法を教えていただきありがとうございます。私の50系客車はばらしたまま正月に突入、家族運用工作無しで終わってしまいました。EF67も含めてゆっくり再開したいと思います。
今年も楽しく拝見させていただきます、よろしくお願いいたします。

やすきちさま

どういたしまして。
貴殿の工作にお役に立てれば何よりです。
素敵な作品作りにお励みください\(^-^)/

ありがとうございました。

クモハ32000 さま

やすきちでございます。
新年早々早速の回答ありがとうございます。

車体を傷めてはいけないと思い長年歯ブラシを使っていました。
週末にも真鍮またはステンレスの毛足の柔らかいブラシを購入して
「実験?」したいと思います。
幸い旧型客車を手がけているのできれいに仕上げれればと思っています。
(荷物車のドア部分はべつですが。)


ブログの記事などでちょっとしたことが私にとってはヒント・新技法の
一つとなっています。
クモハ32000様の作品に比べれば拙作ですが今年もがんばって作ろうと思います。
また結果をお知らせできればと思います。

やすきちさま

ご質問有り難うございました(^o^)v
車体をペーパー掛け等はしませんよ。直に回答させて頂きましたので、ご参照くださいませm(__)m

車体の洗浄?方法

はじめまして
そして新年おめでとうございます

私、模型暦30年超えの「やすきち」と申します。下手の横好きで模型製作を楽しんでいます。
箱物・蒸気など一通り?は組むことができる???中級者です。
子供が生まれてしばらくははんだこてが危ないのでやめていましたが、いまはそれなりに楽しんでいます。
貴殿の秀作にはとても及びませんが・・・。

さて早速ですが16番ゲージも走らせないと!様より又聞きになるというのでこちらを紹介されました。
車体の洗浄?方法について知恵をお貸しください。
車体製作完了後の仕上げのことです。「クレンザー」+「歯ブラシ」でみがいていますが、梨地?というのでしょうか全体的にきれいな線というか目がそろった車体になりません。800番位の耐水ペーパーで車体全体を仕上げているのでしょうか?でもドアの部分などの凹凸があるところはうまくいきませんよね!古い話ですがクモハ32000様のマニ37や現在仕掛かり中のものを拝見するとなぜあんなに下地がきれいなんだろうと不思議に思っています。
何か特別な技法でも駆使されているのでしょうか?
よろしければ工作技法などお教えいただけないでしょうか?
塗装前の下地というのは重要と認識していますのでお忙しいところ済ませんが回答よろしくお願いします。頼みことばかりですいません。

こちらこそ宜しくお願いいたしますm(__)m

平機関区さま
新年のご挨拶、有り難うございます。
多分貴殿とは同年代?かと思います(笑)
今年も素敵な作品を拝見できることを楽しみにしています\(^-^)/

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。m(_ _)m
今年も実感的なウェザリングや工作テクニックを拝見できるのを、楽しみにしております。(^^

今年も宜しくですm(__)m

gentaーnozzさま、bnzー34さま
新年の初コメント有り難うございます(^o^)v
今年も宜しくです!

No title

あけましておめでとうございます。

また、各種様々な卓越した「技」を見せてくださることお願い申し上げるとともに期待いたします。

今年もよろしくお願いいたします。

No title

あけましておめでとうございます。

去年はお世話になりました。
今年は何がブログに登場するのか楽しみです。
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。