スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場なので(笑)

連日真夏日が続きますね。ここ二日は落雷や豪雨の被害も聞かれます。それとは関係なく、涼しい話題です。
昭和34年に新潟鉄工で製造された、日本初のローターリー式除雪機関車の図面を引きました。

この機関車(DR101CL)は、北海道の留萌鉄道が、線内の除雪の省力化を目指し、新潟鉄工と日本除雪機械(旧社名は失念しました)と協同開発したものです。
まさに黎明期のディーゼル機関車(DD13登場前)なのですが、北海道総局にも認められ、その後の国鉄DD14開発の基礎となりました。
下回りも板台枠アウトサイドフレームの2軸+インサイドフレーム、ロッド駆動の3軸で、独特です。動軸数だけで言えば、日本初のDEともいえますね!
同系機に北海道拓殖鉄道に納入された「DR202CL]があり、これは箱型で、湘南顔のデザインですが、下回りは同じです。余り資料が見つかりません。
DR101CLは留萌鉄道廃止後、鹿瀬電工(昭和電工鹿瀬工場)に移り、昭和50年代半ばに廃車になりました。
まさに「シャコエビ」風のデザインをご覧ください。
塗色は、留萌鉄道色であるあずき色に白線です。

EPSON049.jpg

<冬姿>
EPSON050.jpg

やはり冬姿の方が迫力ありますね!

1/80の模型化図面を御希望の方は、アドレス付きでコメント頂ければ添付送信致します。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰です。

高崎二区さま
二軒ほど他のブログに画像が有りましたが、まだコンタクト及び、掲載許諾を頂いて居ないので、図面だけにいたしました。
形態的に、どこか中東や、インドネシアなどで、屋根まで人を乗せた客車を、ゆっくり引いているようなイメージが湧きますよね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

届きました

無事、届きました。
早速の対応ありがとうございます。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

図面添付送信いたしました!

ブラインドさま

ご訪問有難うございます。
早速添付しましてお返事いたしましたので宜しくお願い致します。
今後も宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。