スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くろがね線をモデる!38

端梁(はしはり)の工作
端梁
昨日の図面を基に工作を開始しました。
まずは、端梁からです。
この機関車の特徴は、連結器下に構えた「複心装置」です。急カーブで分かれる狭小なヤードで、首を振ったままの連結器に操車掛兼運転手が、ラジコンのコントローラーを持ったまま連結器の首を直して連結作業を行うのには危険が伴います。それで、機関車側の連結器の首をエアーシリンダーで、強制的に目的の角度に振って、連結させる装置がこれです。
まずは、基本的な端梁から。

t0.4の真鍮板を切断機でカット。ものの五分の工作です。
IMG_3148.jpg
エコーモデルの機関車用テールライトを嵌めてみました。
IMG_3147.jpg
IMG_3146.jpg

この部分もかなりのパーツが待ち受けていますが、一つ一つ作ってゆきます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃいませ(#^.^#)

入れ換え掛さま
技というより、一つ一つの工程を、何よりも丁寧に行うことと、罫書、切断の時には、冶具やノギスを頼りに切断機や糸鋸を使うことでしょう。
直角、並行の確認も、スコヤや、直角が出た素材を基準にして、その直角が出たものに沿わせて加工することで、直角や並行が保たれます。
何よりも、ガチャガチャ適当に切って、後で合わせよう等と言うスタンスでは、緻密な工作は出来ないのは確かですね。
これは紙、プラ、真鍮等、素材に関わらず、同じことだと思おいますよ。

凄いですね!

クモハ32000様
初めまして。
たまに拝見しているうちに、ページ更新を楽しみにするようになりました。
工作の続きが楽しみです。毎回きちんとカッチリ工作されてますが、技を公開して頂けると有り難いです。こつとか、勘所はどこでしょう?
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。