スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くろがね線をモデる!36

排気菅蓋の製作&上回りの製作修了
排気菅には漬物桶?の様な開閉式の蓋が付きます。雨水が入るのを避けるためでしょう。排気と同時に勢い良く開きます。ブルドーザー等の建機の排気菅の構造に似ています。排気菅
工作は、φ4.0の真鍮棒材をフライス加工でヒンジの部分のみ残して削り、ヒンジのピンをφ0.4で植えた後、旋盤で突っ切っています。
IMG_3129.jpg
取り付けは、元々差し込んであるφ4.0×3.5のパイプにぎゅっと押し込んでいます。
IMG_3132.jpg
IMG_3127.jpg
IMG_3133.jpg
やっと上回りから開放されました(笑)
来週から下回りの工作に入ります!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

色々思案中

gentaーnozzさま
コメントどうもです(*^^*)実物は本線走行中、一部区間での力行時以外は、ほとんどがアイドリング状態で、あの蓋も少しカタカタしてるぐらいしか動いていないのを動画で確認しました。本当は走り出すときや力行時に、黒煙を吹き上げたら面白いですが、都内乗り入れ禁止は確実になりますね!(笑)

じゃあ・・・

>一応はめ込んだだけにしました(笑)
開いた状態のも作って、
その日の気分で差し替えるとか・・・。

今晩は\(^▽^)/!

まろねふさま
一時それなりのギミックを考えました。
で・・・一応はめ込んだだけにしました(笑)

上回り完成ですね!

遂に上回りが完成しましたね! 排気管の蓋まで再現されるとは恐れいりました!
どうせでしたら、速度が上がれば徐々に蓋が浮き上がるようなギミックが欲しいですね!(笑)
プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。