スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くろがね線をモデる!19

点検ハッチのディテール+αd704_n.jpg
先に貼り付けた点検ハッチにヒンジや取っ手、ラッチを取り付けます。台枠が車体より広いので、一部のヒンジは高さを高く取って、ハッチを開いた時、ハッチが完全に開く様になっています。
IMG_2916.jpg
IMG_2917.jpg
IMG_2924.jpg
ルーバーが付く側のハッチには小ハッチが付いています。ここもヒンジや留め金具を凝ってみました。
IMG_2930.jpg
ラジエーターの下の小ハッチも、左右で異なり、向かって右はボルト止め、左はヒンジで開くようになっています。ボルトはφ0.2の線を植えて表現しています。
IMG_2931.jpg
機関室入口の扉付近の登上ステップや、手すりもつきました。
IMG_2914.jpg
IMG_2903.jpg

車体は屋上を除き、約7割出来上がりました!

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。