スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タレ目の」スイッチャー

急に実物解説の記事?「くろがね線」の続きは?ご安心ください。もうちょっと暖かくなったら一気に完成まで持ち込みますから。
で、久々の更新は最近妙に気になるこの機関車、新潟鉄工所製の40t~50tクラスの「タレ目」ちゃん!
昭和38年ころから50年代に作られた仲間で、日本精油根岸、三輪鉱山、日本鋼管福山(現:JFE西日本)、日通等に納車されています。

根岸DD50
日本石油精製根岸三輪鉱山D50
三輪鉱山DD403-2.jpg
日本鋼管福山(現:JFE西日本製鉄所)
よく観察すると、キャブ左右の窓の大きさが異なり、キャブが片方に寄っています。寄って隙間が空いた分、前後のランボードとの通路になっています。
で、私の実家そばを走る、JFE専用線ですが、創業当時の日本鋼管時代とは、結構手すりや、ヘッドライト等の更新改造を受けています。
DD403-1.jpg
DD403-2.jpg
赤い端梁とスローガンが、なんだか「中国」的ですね!昭和61年頃です。
DD402.jpg
DD401-1.jpg
新たに回転灯やデッキ誘導員の転落防止策、キャブの冷房化が行われています。

やはりモデラーたるもの写真を眺めるばかりではいけません。図面を仕上げました。更新後の姿です。
DD402-1.jpg

こんなふうに「レディ-メード」の機関車のバラエティーを観察するのも面白いものです!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。