スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物列車で遊ぶ(床下機器編Ⅰ)

蓄電池箱の製作
今回の郵便・荷物客車の製作にあたり「床下機器をちゃんと作り込む」という目標がありまして、手始めに大型蓄電池箱のロスト原型製作から始めました。
IMG_2272_convert_20090228211733.jpggこれが、50系や新型?郵便車に使われている24V(2V×12個)の大型蓄電池箱の図面です。
従来の10系に用いられている物より、奥行きがあり、向かって左に繋ぎ箱が出っ張っています。

DC50-0014_convert_20090228212341.jpg
50系客車(オハフ50)での取り付け例

工作過程の画像
IMG_2261_convert_20090228211919.jpg
真鍮快削材の12mm角棒をフライス盤で切削開始です!

IMG_2265_convert_20090228212044.jpg
一応の外形になったら、鋳造時に肉が引けない様に中抜きして厚みを減らします。
画像正面には蓄電池箱の開口部上のリブが削り出されています。

IMG_2268_convert_20090228212118.jpg
蓄電池取り出し部補強リブの切削
IMG_2269_convert_20090228212146.jpg
補強リブをt0.2にハンダ付けして、リブ断面がアングルを組んだ様に表現します。これを切り出して、本体に更にハンダ付けすると蓄電池取り出し部の蓋の補強が表現できます。IMG_2270_convert_20090228212224.jpg
取り付けた画像。だいぶシャープさに欠けますが、久々の機械加工ですんでお許しを。
この後、ヒンジやハンドル、繋ぎ箱を加工してゆきます。

つづく
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。