スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋石炭販売DE601

ジャパニーズ・アメリカン
JR貨物のDF200登場以前、DF50を除く国内の電気式ディーゼル機関車は、数える程しかありませんでしたが、この釧路臨港鉄道(現 太平洋石炭販売)DE601はそのデザインからして人気のある機関車でした。
米国GEのU10Bを日本車両で製造したもので、その製造に至った経緯にも興味が湧きます。
この機関車も製造当初(昭和45年)から数々の更新工事を経て、現在に至っており、いつもながらに1/80で模型化図面を起こしました。

<太平洋炭鉱時代末期の画像>
釧路臨港末期(更新前)
<太平洋石炭販売の最近の姿>
太平洋石炭販売更新後
<模型化図面>
釧路臨港DE601(2)
(1/80の模型化図面が御入用の方は、コメントにてご請求下さい。)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

夏場なので(笑)

連日真夏日が続きますね。ここ二日は落雷や豪雨の被害も聞かれます。それとは関係なく、涼しい話題です。
昭和34年に新潟鉄工で製造された、日本初のローターリー式除雪機関車の図面を引きました。

この機関車(DR101CL)は、北海道の留萌鉄道が、線内の除雪の省力化を目指し、新潟鉄工と日本除雪機械(旧社名は失念しました)と協同開発したものです。
まさに黎明期のディーゼル機関車(DD13登場前)なのですが、北海道総局にも認められ、その後の国鉄DD14開発の基礎となりました。
下回りも板台枠アウトサイドフレームの2軸+インサイドフレーム、ロッド駆動の3軸で、独特です。動軸数だけで言えば、日本初のDEともいえますね!
同系機に北海道拓殖鉄道に納入された「DR202CL]があり、これは箱型で、湘南顔のデザインですが、下回りは同じです。余り資料が見つかりません。
DR101CLは留萌鉄道廃止後、鹿瀬電工(昭和電工鹿瀬工場)に移り、昭和50年代半ばに廃車になりました。
まさに「シャコエビ」風のデザインをご覧ください。
塗色は、留萌鉄道色であるあずき色に白線です。

EPSON049.jpg

<冬姿>
EPSON050.jpg

やはり冬姿の方が迫力ありますね!

1/80の模型化図面を御希望の方は、アドレス付きでコメント頂ければ添付送信致します。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

銚子電鉄

茨城の龍ヶ崎から、常磐線→成田線→銚子と2時間半掛けてやってきました。
約20年ぶりの銚子電鉄仲ノ町駅です。
旧営団2000、京王2010、銚子電鉄の主デキ3が並びました。IMG_3374.jpg
伊予鉄を後輩の3000系に追われ、銚子の地に至った旧京王2010型ですが、伊予鉄での先頭化改造で、5000系もどきのお面が付けられたのは、ご愛嬌です。IMG_3376.jpg
IMG_3371.jpg
デキ3も以前の二色塗りに戻りました。車体も張替えられ綺麗です。最近はポールに交換されたようですね。IMG_3375.jpg
この旧営団2000の水色は、芸が無い色です。
IMG_3373.jpg

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ちょっと茨城、千葉へ

久々の更新です。
ちょっと外へ出かけたくなり、先月はじめに茨城、千葉方面にぷらっと旅をしました。

関東鉄道竜ヶ崎線
いつでも行けると思うと中々行けないので、わざと(笑)出かけてみました。現在2形式のみの配置ですが、雰囲気は変わっていません。
<駅前>
IMG_3364.jpg

<龍ヶ崎の車庫裏>
IMG_3366.jpg
独特の風情ですね。トタン貼りのコールタール仕上げが何とも。
<キハ532 >
IMG_3368.jpg
下回りはキハ20ですので、昔ながらのDMH-17のガラガラ音が楽しめます。スカートが付くと、結構精悍な顔立ちになりますね。

<キハ2000>
IMG_3362.jpg
龍ヶ崎線はホームが片側に揃っているので、乗務員扉は片側にだけあります。

この後銚子に向かいました。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

日立製作所のスイッチャー4

ミュータント
題字の如く変異したわけではないのですが、20tから25tクラスの軸配置がBまたはCであるのに対し、30t以上になるとボギーの4軸になる場合があります。
25tクラスの車体を対象にして2個エンジンにしたデザインになる場合と、1個エンジンでセミセンターキャブになる場合が多いようです。

三菱製紙 金町
前回25t機をご紹介しましたが、これはそれを反転コピーしたような35t機です。
日立35t
図面にしたためました。丁度模型にするのにも手頃なサイズです。ワム8を引き連れて遊びたい機関車ですね。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

クモハ32000

Author:クモハ32000
鉄道模型暦35年御年うん十歳の既婚者です。
小学校4年生の時に買ってもらった「楽しい鉄道模型セット」が始まりでこの世界に鼻の先までどっぷり漬かっています・・・。
H.Nのクモハ32000は私が中学生の昭和56年の10月に府中電車区で亡き親父のキャノンFXで撮ったものです。
丁度鷹取工場からの全検出立てで美しいブドウ色2号に塗られてきていたと覚えています。初めて出会った戦前型の旧型国電に感動したのはいうまでもありません。以来、私のお気に入り車両となりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。